【東京・新小岩】パチスロ賭博に使われたビルオーナーを逮捕

東京・葛飾区のビルの一室を違法パチスロ店に貸して賭博の手助けをしたなどとして、ビルオーナーの男が逮捕されました。

I容疑者(63)は違法なパチスロ賭博が行われていると知りながら、葛飾区新小岩に所有するビルの一室を貸して、賭博の手助けをした疑いなどが持たれています。

警視庁によりますと、I容疑者は2021年5月に警視庁に摘発されたパチスロ店に、およそ8カ月にわたって部屋を使わせていました。

家賃などとして賭博の収益の一部である現金600万円余りを受け取っていたということです。

契約書では部屋の用途は「アミューズメントバー」となっていて、I容疑者は「パチスロ店の名前も知らなかった」と容疑を否認しています。

 

【東京・新小岩】コロナ下も年中無休、新小岩駅前「闇カジノ」で荒稼ぎ1・8億円