【秋葉原】ポーカー賭博疑い7人逮捕

東京・秋葉原のマンションの一室でポーカー店を開き、客から賭博の手数料を徴収したとして、警視庁組織犯罪対策4課は2022年3月4日までに、賭博開帳図利容疑で店経営者のK容疑者(37)=東京都千代田区=を、同ほう助容疑で従業員のM容疑者(32)=東京都板橋区=を現行犯逮捕した。

賭博容疑で客の20~40代の男5人も現行犯逮捕し、その後釈放した。

ポーカー店はK容疑者の自宅で、昨年7月ごろから週3日ほど営業し、約1700万円を売り上げたとみられる。

現場はJR秋葉原駅から約500メートルの雑居ビルなどが立ち並ぶ一角。同課は3日未明に店を家宅捜索した。