【違法賭博】ライバーの飯田祐基会長、違法賭博疑惑で辞任

ライブ配信事業などを手掛けるライバー(東京都港区)は2022年2月21日、創業者の飯田祐基会長が辞任したと発表した。飯田会長に浮上していた違法賭博疑惑を受けての対応とみられる。同社は一連の疑惑について「一切の関与をしておらず、関知もしていない」と明言。会社の関与を否定した。

飯田会長を巡っては、同日までにTwitterのスクショ画像やYouTubeの動画を通じて、多額の現金を使った賭け麻雀疑惑が浮上しており、ライバー側の対応に注目が集まっていた。同社は「取締役および会長職を辞任した」と報告した上で「取引先およびクリエイターの皆さまには多大なるご心配をおかけし、申し訳ございませんでした」と謝罪。飯田会長が今後、株主として残ることもないという。

ライバーの公式発表を受け、飯田会長も同日、自身の公式Twitterアカウントを更新し「20代を捧げた株式会社ライバーの取締役会長を辞任することにした」と報告。「みなさんの前に笑顔で戻ってこれるよう、今後の人生を見つめ直したいと思います。この度はお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪した。