【池袋】違法カジノ店を摘発 経営者ら4人を逮捕

【池袋】違法カジノ店を摘発 経営者ら4人を逮捕

東京・池袋のビルの一室で常習的に賭博を行ったとして、違法カジノ店の「ラッキー」経営者ら4人が逮捕されました。

H容疑者(49)ら4人は、豊島区西池袋にあるビルの一室でパソコンを使ってオンラインのカジノサイトに接続し、客を相手に常習的に賭博を行った疑いが持たれています。

警視庁によりますと、H容疑者の店に看板はなく会員制になっていて、紹介などで客を集めてインターホンで顔を確認してから入店させるなど厳重な警戒をしていました。

今年4月に営業を開始してから約230人の会員がいて、7000万円近くの売り上げがあったとみられています。

取り調べに対し、「周りからもうかると聞いて始めた」などと容疑を認めています。