オンラインカジノを楽しむにあたって税金対策はとても重要

オンラインカジノを楽しむにあたって税金対策はとても重要

オンラインカジノを楽しむにあたって税金対策はとても重要

オンラインカジノの利益が関係してくる税金は所得税と住民税

オンラインカジノをプレーする際には競馬や競輪、パチンコなどと同様に、生活に支障をきたさない程度に楽しみ、過度にのめり込まないように気をつけなければなりません。しかし、オンラインカジノを楽しむにあたって注意しておかなければならない重要な事項がもう一つあります。それは、儲けが多くなればなるほど多くの税金を納めなければならないということです。
オンラインカジノの利益が関係してくる税金は所得税と住民税です。所得には全部で10の区分が儲けられていますが、オンラインカジノで得た利益は一時所得に分類され、1年間に得た収入からそれを得るために投じた資金を経費として差し引き、そこから特別控除額を差し引いたものを所得金額とし、ここから2分の1を乗じて算出される金額をその後の税額計算で使用します。もし、オンラインカジノだけでなく競馬や競輪においても利益を得ていた場合は、それも一時所得として計上する必要があります。

確定申告を申請する基準

現在、一時所得の計算時に適用される特別控除額は50万円となっています。そのため、1年間でオンラインカジノに参加して得た利益が50万円以下であれば、他に得た所得が無ければ確定申告が不要となります。一方、サラリーマンや公務員は、通常は源泉徴収が行われるため確定申告が不要となっていますが、給与所得以外の所得が20万円を超えれば確定申告の手続きが必要となります。

有力な税金対策

オンラインカジノをプレーする場合、給与所得がある人なら1年間の利益が20万円を上回らないようにプレーすることが、それ以外の人は特別控除額を超えない程度にプレーすることが有力な税金対策となるでしょう。しかし、この方法はプレーするのに投じる資金に制約があり、常に利益のことを考えつつプレーしなければならないのが難点です。もし、このような制約を意識せずにプレーしたいのであれば、法令にしたがって納期限までにきちんと申告と納税を済ませることが最良の税金対策となるでしょう。