オンラインカジノは違法性があるのか

オンラインカジノは違法性があるのか

オンラインカジノは違法性があるのか

インターネットで普及するオンラインカジノ

ヨーロッパ発祥のカジノは今や世界中にその存在が浸透しており、ラスベガスやマカオのように大規模な観光スポットになっているところもあります。その勢いは実存する遊戯施設だけでなく、コンピューターの中のいわゆるオンラインカジノも登場し、インターネットの世界でも活性化しています。

オンラインカジノの違法性

そんなオンラインカジノは、カジノがまだ合法化されていない日本人にとっては、手軽にカジノを楽しめるために嬉しいシステムですが、ここで気になるのがその違法性についてです。当然ですが、日本ではカジノがまだ合法化されていないため、闇カジノなどは摘発の対象となっており、たまにニュースなどで話題になることもあります。それゆえにオンラインでもカジノだからダメなのかと問われれば、現在の段階ではグレーゾーンといったところであり、違法とは言い切れないけれど、合法とも言えないといった感じです。その理由として、日本のギャンブルに関する法律では、国で認められているものは競馬や競輪、競艇や宝くじといったものですが、他の賭け事に関しては基本的に禁止されています。けれどもインターネットについてのギャンブルに対する記載はなく、裁くことが困難であるのが現実です。またパチンコやスロットなども同じくグレーゾーンであり、こちらもお金を直接賭けるわけではないため、摘発されるケースはほとんどありません。

オンラインカジノの現状

またオンラインカジノならではの特徴として、海外の政府の許可をちゃんと得ている企業が運営しているため、たとえプレイヤーが日本にいたとしても、海外でクリーンな経営を実施しているカジノサイトを日本の法律で摘発することは困難という理由もあります。なぜなら日本の賭博法では、胴元とプレイヤーの両方がそろってこそ適用されるのであり、国に許可されている海外のオンラインカジノと、それを利用している日本のプレイヤーとなれば、適用することが難しいのが現実です。とはいえ、やはりあくまでグレーゾーンであるため、安全に遊ぶためにもこういった情報やニュースにはつねに気にかけておくと良いでしょう。