暴力団幹部に懲役2年求刑 プロ野球巨人賭博 即日結審

暴力団幹部に懲役2年求刑 プロ野球賭博

プロ野球

プロ野球の試合などで賭博を開いたとして賭博開帳図利罪に問われた、指定暴力団山○組系組幹部のM被告(43)と元組員、F被告(36)は14日、東京地裁の初公判で起訴内容を認めた。検察側はM被告に懲役2年、F被告に懲役1年6月をそれぞれ求刑、弁護側は執行猶予付き判決を求め即日結審した。判決は12月26日。

事件は、プロ野球巨人の笠原将生元選手(25)=賭博開帳図利ほう助などの罪で有罪確定=が関与した賭博をきっかけに発覚した。

検察側は「M被告が主導的役割を担い、F被告は客から賭け金を回収するなどしていた。利益は暴力団の資金源になっていた」と指摘。2人の弁護側は「罪を認め反省している」と述べた。

起訴状では、両被告は元組員の男(37)=一審で有罪=と共謀し、平成26年3~10月のプロ野球と高校野球計22試合で賭博を開き、客から賭け金計127万円を集めたとしている。