三重県松阪市の喫茶店でゲーム機を使って賭博をしたとして25日、経営者と客の男が逮捕されました。常習賭博の疑いで現行犯逮捕されたのは、松阪市鎌田町で「喫茶・軽食ビンゴ」を経営するK容疑者(45)です。

警察によりますと、小島容疑者は25日午後7時45分ごろ、店内で客を相手にゲーム機を使って賭博を行った疑いがもたれています。また、客の松阪市の建設業・N容疑者(39)も賭博の疑いで現行犯逮捕されました。

K容疑者は店内にポーカーなどのゲーム機12台を設置し、1年半ほど前から賭博をしていたとみられ、警察の調べに対し、2人とも容疑を認めているということです。