インカジ、歌舞伎町2

歌舞伎町のバカラ賭博店摘発

屋上カジノ

警視庁保安課は12日、賭博開帳図利容疑で東京都歌舞伎町1丁目のカジノ店「ペアペア」と、常習賭博容疑で同じビルに入るパチスロ店「ソーキソバ」のそれぞれの自称経営者2人と従業員2人を現行犯逮捕した。

賭博容疑で客の20~30代の男女5人も現行犯逮捕した。2店は共通のカメラで客の出入りを確認しており、保安課は系列店とみている。

逮捕容疑は、ペアペアの自称経営者の男(59)らは4月12日、バカラ賭博を開いた疑い。ソーキソバの自称経営者(45)らはパチスロ機50台を設置し、客相手に賭博をした疑い。

ペアペアは昨年11月から営業。ビルの屋上にプレハブ小屋を建て、二つのバカラ台を設置していた。

ペアペアは昨年11月から営業。ビルの屋上にプレハブ小屋を建て、二つのバカラ台を設置していた。ソーキソバは昨年10月に開店し、保安課は約1600万円の売り上げがあったとみている。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました