インカジ、横浜

横浜でカジノ賭博店経営容疑の57歳男を逮捕 2017年9月から5億4千万円荒稼ぎ

インカジ 横浜

賭博場を開いて客に賭博をさせたとして、神奈川県警生活保安課は23日、賭博開帳図利容疑で、カジノ賭博店経営のR容疑者(57)=横浜市中区不老町=を逮捕した。「経営者であることに間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は今月2日午前6時5分ごろ、同市中区相生町の雑居ビル地下1階にあるカジノ賭博店「Gets(ゲッツ)」で、共謀してアルバイト男性(35)にトランプを使った「バカラ」と呼ばれる賭博をさせ、コミッション料名目で金銭を徴収したとしている。

同課は同日、店長と従業員の計4人を賭博開帳図利容疑で現行犯逮捕し、11日には現金の運搬役の男を同容疑で逮捕していた。ほかにも共犯者がいるとみて捜査していたところ、店の公共料金の契約者名義などからR容疑者が浮上したという。同店は昨年9月ごろに開店し、約5億4千万円を売り上げていたとみられている。

経営者が再逮捕。その容疑は?

カジノ賭博店の営業で得た収益金を隠したとして、神奈川県警生活保安課は9日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で、横浜市中区不老町のカジノ賭博店経営、R容疑者(57)=賭博開帳図利容疑で逮捕=を再逮捕した。容疑を認めている。

再逮捕容疑は7月2日、同区羽衣町のマンションの一室で、警察の押収を逃れるために、ほか数人と共謀して、カジノ賭博店の営業で得た収益を部屋の金庫内に隠したとしている。

同課によると、現金約500万円が金庫内から見つかった。同課は、同法違反容疑で同店従業員のS容疑者(47)を7月31日に逮捕。同法違反容疑で同店従業員の男(39)=賭博開帳図利幇助(ほうじょ)の罪で起訴=を追送検する方針。