インカジ摘発ニュース@福岡県

インカジ摘発ニュース@博多

ioa8320 / Pixabay

九州の玄関口、福岡。

金塊が強奪される事件や暴力団による抗争など話題の絶えないアウトローな街でもある。

そんな街で、レトロな賭博店が摘発された。

テレビゲーム機で賭博

 

福岡県警は20日、テレビゲーム機を使った常習賭博の疑いで、福岡市博多区寿町のゲーム機賭博店「渡辺」の経営者(60)=同市南区塩原=を現行犯逮捕した。

容疑は20日午前1時35分ごろ、会社員の男(36)に金を賭けさせ、果物の図柄の組み合わせで勝負を競う賭博をした疑い。男も賭博容疑で現行犯逮捕された。

県警は店内のテレビゲーム機6台などを押収。

多い時には1日7~8人の客がおり、暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて調べる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました