インカジ摘発ニュース@静岡県その2

インカジ摘発ニュース@浜松

 

 

インカジ摘発ニュース@静岡に引き続き浜松市で起きた事件に焦点を合わせてみたい。

紹介するのはクライマックスシリーズで行われた野球賭博である。

背景にはまたもや暴力団が絡んでいた。

プロ野球クライマックスシリーズで行われた賭博

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)の試合を賭けの対象にしたとして、静岡県警は29日までに賭博開帳図利などの疑いで、浜松市中区、指定暴力団山口組系組員(35)ら2人を逮捕した。

逮捕容疑は8月31日から9月6日に行われたプロ野球公式戦や、10月10、11日に行われたCSファーストステージの巨人対阪神、日本ハム対ロッテの試合の勝ち負けを予想させ、1口1万円で賭けさせていた疑い。

この野球賭博に参加したとして常習賭博の疑いで浜松市内の会社員ら男5人も逮捕した。県警によると、容疑者らはプロ野球関係者との関係はない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました