インカジ摘発ニュース@奈良県

インカジ摘発ニュース@奈良

conkarampelas / Pixabay

 

奈良県のソースを探ると、主婦が賭博をしていたという驚愕のニュースが舞い込んできた。

早速紹介していきたい。

暴力団員を相手に主婦が賭博

暴力団組員らを相手に野球賭博をしたとして奈良県警は3日、賭博開帳図利の疑いで福岡市博多区東光寺町1の主婦(41)を逮捕した。

県警によると、約2年前にインターネットのサイトで知り合った奈良県橿原市の男性介護士(29)=同ほう助容疑で逮捕=を通じ、同県香芝市の指定暴力団山口組系組員(49)ら3人=賭博容疑で逮捕=に賭博を持ちかけ、携帯のメールでやりとりをしていた。

暴力団相手に賭博を開く主婦の動機はお小遣い

主婦(41)の逮捕容疑は8月、高校野球やプロ野球の試合で勝利チームを予想させ、1口1万円で計95万円を賭けさせた疑い。

県警によると5人とも容疑を認めており、主婦(41)は「(集めたお金は)自分の小遣いにしていた」と話している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました