インカジ摘発ニュース@岡山県

インカジ摘発ニュース@岡山

forcal35 / Pixabay

岡山ではマンションの一室で闇スロが行われていたようです。

インカジと言ったら、2枚扉に監視カメラ、裏口、見張りは絶対条件なのですが、どうやら捕まりたかっただけなんでしょうね。

それでは見ていきましょう!

マンションの一室で無防備闇スロでもちろん速攻逮捕

岡山市北区のマンションの1室にスロットマシンを置いて客に賭博をさせていたとして店の男らが逮捕された事件で賭博が行われることを知りながら部屋を貸したとして不動産管理会社の社員が逮捕されました。

逮捕されたのは岡山市中区東中島町の不動産管理会社の社員(30)です。

この事件は岡山市北区天瀬のマンションの1階の部屋に無許可で38台のスロットマシンを置いて客に金をかけさせていたとして住所不詳T.T容疑者(27)と岡山市南区西高崎のK.K容疑者(28)が常習賭博の疑いで7月、逮捕されたものです。

警察によりますと、A容疑者はことし3月中旬、部屋で賭博が行われることを知りながらK容疑者とマンションの部屋の賃貸契約を交わして賭博の手助けをした賭博ほう助の疑いがもたれています。

警察の調べに対してA容疑者は「博打で使うものと知って部屋を貸しました」と供述し、容疑を認めています。
警察はT容疑者らとA容疑者が以前から交流があったかなどを含め事件の詳しいいきさつを調べています。