インカジ強盗容疑者が縄張りのヤクザに追い込みをかけられる

インカジ強盗容疑者が縄張りのヤクザに追い込みをかけられる

暴力団関係者らに監禁され暴行を受けていた男性に、現金5千万円の支払いを約束させる示談書へ署名させたとして、大阪府警捜査4課は24日、大阪弁護士会所属の弁護士、H容疑者(50)=大阪市天王寺区勝山1=ら4人を強要の疑いで逮捕した。

他に逮捕されたのは、自動車販売業、N容疑者(42)=大阪市生野区田島5=と30代の男2人で、捜査4課によるといずれも暴力団の関係者。H容疑者ら3人は容疑を認めている。

事の発端は縄張りのインカジで強盗した事

逮捕容疑は共謀し、4月29日夜、大阪市北区の東容疑者の事務所で、暴力団関係者らが連れてきた20代男性に対し、示談書を示して「サインしなかったら分かっとるやろ」などと言い、署名と指印をさせた疑い。

共に逮捕された弁護士の報酬が激安

捜査4課は24日、H容疑者の所属事務所などを家宅捜索。N容疑者がH容疑者に依頼したといい「数年前から同様の示談書を作ってもらっていた」と供述、H容疑者は「報酬として数万円受け取った」と話しているという。

詰められた男の愚行。自業自得である

N容疑者らは4月28日~5月1日にこの男性を監禁、暴行したとして監禁致傷罪で起訴された。男性は監禁直前、N容疑者らが縄張りにしていた違法ゲーム賭博店に強盗に入ったとして5月に逮捕され、処分保留で釈放されている。

示談書では強盗に対する損害賠償など5千万円の支払いや、傷害の事実を表沙汰にしないことを要求していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました