裏スロ一覧

インカジ摘発ニュース@広島県

逮捕されたのは、福山市住吉町の自営業(45)。警察の調べによると容疑者は、24日午前0時ごろ、福山市住吉町のビルの一室で、2005年に規制された違法なスロット機23台を設置し、客の男1人に金を賭けさせ、賭博をした疑いが持たれている。

インカジ摘発ニュース@兵庫県

兵庫県警尼崎南署は28日までに、違法スロット店で客に現金を賭けさせたとして、常習賭博の疑いで尼崎市東難波町、自称、無職(41)を逮捕した。「店の経営権は譲っている」と容疑を否認している。他に同容疑で従業員2人を現行犯逮捕、2人は認めている。

インカジ摘発ニュース@山梨県

スロット機を使った「闇スロット店」で賭博をしていたとして、南甲府署と甲府署、韮崎署、県警組織犯罪対策課の合同捜査班は7日、甲斐市万才の「スロット&カフェ・7cafe」と「アミューズメントカフェ・アラジン」の2店舗を摘発。両店の経営者と従業員計3人を常習賭博容疑で、両店にいた客6人を賭博容疑で、現行犯逮捕した。

インカジ摘発ニュース@東京都その3

違法なパチスロ機で客に賭博をさせたとして、警視庁保安課は、常習賭博の疑いで、東京都台東区上野のパチスロ賭博店「8cafe」経営者(35)や従業員ら男女6人を現行犯逮捕した。また客の男女8人も賭博の現行犯で逮捕した。 同課は掛け率の高い違法なパチスロ機計47台などを押収。同店では、客に1点40~500円で換金可能な点数を賭けさせていた。逮捕容疑は8日、同店で違法なパチスロ機で賭博をさせたとしている。容疑者ら5人は容疑を認め、他1人は否認している。

インカジ摘発ニュース@東京都その2

同課によると、客の男女13人も賭博の疑いで現行犯で逮捕。容疑者らは平成29年6月上旬ごろから両店を経営し、1カ月間で計約2000万円の売り上げがあったとみられる。売上金の一部は、指定暴力団住吉会の傘下団体に流れていた疑いがあり、同課が資金の流れを調べる。

インカジ摘発ニュース@東京都

容疑者ら2人は「スポーツ新聞の求人広告をみて(応募して)働くようになった」と供述しているという。 同課によると、求人広告では「アミューズメント施設」としていたとされる。同庁は店の経営者についても捜査を進めている。

インカジ摘発ニュース@千葉県

警視庁は2017年5月29日、賭博開帳図利の疑いで千葉県千葉市中央区の違法カジノ店「インフィニティ」の店長の男ら5人を現行犯逮捕した。 ゲーム機賭博店「インフィニティ」の自称・店長ら5人は29日午前0時半ごろ、千葉市中央区で雑居ビル4階の店内にパチスロ機など61台を設置し、客に賭博をさせた疑いが持たれています。警察によりますと、店の入り口は二重扉になっていて、カメラで客を確認してから入店させていたということです。